経営に役立つ情報誌<ハンズ通信_令和元年11月号>を発行しました

※「ハンズ通信_令和元年11月号」のダウンロードはこちらから→ハンズ通信2019_11月号(熊本)

私たちハンズ熊本では「お客さまにとって夢を実現する安心と信頼のパートナーであり続ける。」ことを目標に、人事、労務、税務など経営に関する有益な情報を掲載している情報誌「ハンズ通信」を毎月1回発行しております。是非ご覧ください。令和元年11月号の内容は下記の通りです。

 

【ハンズ通信_令和元年11月号トピックス】

■回収不能な債権の貸倒れ処理

会社を経営していく中では、商品やサービスの代金を支払っていただけないこともあるのではないでしょうか?このような「債権回収」には「時効」が存在し、その種類によって債権の有効期間が異なります。

 

■交際費等と隣接費用との区分

企業の経理を行う際に、その支出が「交際費」なのか広告宣伝費や福利厚生費といった「隣接費用」に当たるのか判断が必要な場面があると思います。これは租税負担にも影響することですので、それらの費用の区分についてQ&Aを交えて見ていきます。

 

■雇用保険制度 適用と保険料の徴収

雇用保険の改正に伴い、令和2年4月以降、高齢者の雇用保険料を徴収する必要が生じます。今回は、被保険者の範囲、保険料の徴収及び雇用保険制度に関する注意点を記載しています。

 

■中小企業の経営者の健康リスク
■紅葉狩り


1 / 7812345...102030...最後 »